映画「娼年」は予想以上に衝撃的な映画だった

石田衣良の小説を、舞台でも組んだ三浦大輔監督と松坂桃李のコンビで映画化した衝撃作。退屈な生活を送っていた主人公が男娼(しょう)となり、成長していく過程を描く。性描写に一切の妥協をしなかったという三浦監督のもと、『不能犯』などの松坂が体当たりの芝居を披露している。

大学生のリョウこと森中領(松坂桃李)は、バーのアルバイトに精を出していた。ある晩、ホストクラブで働いている中学時代のクラスメートの田島進也が、客の御堂静香を連れてリョウがいるバーを訪れる。

森中領(リョウ) – 松坂桃李
御堂静香 – 真飛聖
咲良 – 冨手麻妙
平戸東(アズマ) – 猪塚健太
白崎恵 – 桜井ユキ
田島進也(シンヤ) – 小柳友
イツキ – 馬渕英里何
主婦 – 荻野友里
紀子 – 佐々木心音
ヒロミ – 大谷麻衣
階戸瑠李
泉川氏 – 西岡徳馬
老女 – 江波杏子

レビュー、評価、考察、感想、映画評論家、宇多丸、町山智浩、りゅうじ、リュージ、ryuji show 、シネマション