大倉忠義、成田凌との映画クランクアップに涙「33歳という今だからこそ、できた役」

#大倉忠義、成田凌との映画クランクアップに涙「33歳という今だからこそ、できた役」
拡大写真 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』をクランクアップさせた行定勲監督、大倉忠義(関ジャニ∞)、成田凌  人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義と俳優・成田凌が出演する映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(来年公開)がこのほどクランクアップを迎えた。セクシャリティーを越えて狂おしい恋に堕ちる男性2人を演じきった大倉と成田。ラストカットを撮り終えた大倉は行定勲監督から花束を受け取ると、目に涙を浮かべながら「今までにやったことのない役をやりたいなと考えていたので、この映画のお話をいただいた際にはぜひ演じてみたいと強く思いました。33歳という今だからこそ、できた役だと思います」と達成感をにじませた。【画像】恋に堕ちる2人の男性…『窮鼠はチーズの夢を見る』原作イラスト 約1ヶ月間の撮影をともにした成田は先にクランクアップしていたものの、その場にサプライズ登場。最後に行定監督と3人で記念撮影を行い、大倉は「気付いたら朝になっていましたが、無事にクランクアップを迎えられて良かったです。ありがとうございました」と安堵の笑みをみせた。 大倉の単独主演となる同作は『失恋ショコラティエ』などで知られる漫画家・水城せとな氏によるコミック『窮鼠はチーズの夢を見る』/『爼上の鯉は二度跳ねる』を実写化。学生時代から「自分を愛してくれる女性」と付き合い、受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた・主人公・大伴恭一(大倉)。ある日、恭一は、後輩の今ヶ瀬渉(成田)と7年ぶりに再会し「昔からずっと好きだった」と突如想いを告げられ、今ヶ瀬の一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていくことに…。
大倉忠義、成田凌との映画クランクアップに涙「33歳という今だからこそ、できた役」
https://www.youtube.com/channel/UCNcWTPHq6wADFsvj0z8Bz0A?sub_confirmation=1