のん、ヒロインで大人気舞台「星屑の町」映画化へ!「気合いが入っております」 | cinemacafe.net

地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描き、25年間愛されている舞台「星屑の町」の映画化が決定。そのヒロインを、のんが務め、第2の故郷・東北を舞台に銀幕復帰を果たす。平成時代に愛された舞台が令和で映画化へ舞台は、劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が「笑ってホロリとする作品」を作ることを目指し結成したユニット「星屑の会」によって1994(平成6)年に第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」が上演されたのを皮切りに全国各地で作品を上演。2016(平成28)年には第7作目となる「完結編」、さらに2019年冬にはアンコール上演されるなど、25年に渡って愛され続けた。そんな大人気作品の集大成として、舞台とは一味違った魅力を満載した映画の製作が決定。昭和の時代を生きた者なら誰もが口ずさんだことのある、昭和歌謡の名曲たちに乗せて “笑ってホロリとして帰り道には歌を口ずさんでしまう”、大人のための音楽娯楽映画が誕生する。ヒロイン・のん!実写映画は『海月姫』以来映画版の舞台は東北の田舎町という設定。その田舎町で歌手になることを夢見ながらスナックを経営する母と暮らすヒロイン・愛を演じるのが、のんさん。愛は歌手になる夢を叶えるため、地方巡業にやって来たハローナイツに入れてもらうために奮闘する。のんさんにとって縁の深い岩手県・久慈市でもロケーションが行われ、第2の故郷ともいえる思い出の地を舞台に、実写では『海月姫』(能年玲奈名義)以来、久々の映画出演を果たすことになる。ハローナイツと共に昭和歌謡を歌唱するシーンもあるという。のんさんはヒロインを演じることに、「この、『絶対楽しい映像になる…』という予感がするキャストの皆様に混じって映画に参加できることが幸せでなりません。久々の映画なので、気合いが入っております。楽しみ!」と、頼もしいコメント。また、映画『の・ようなもの のようなもの』を手掛けた杉山泰一監督は、「一癖も二癖もあるおじさんたちに立ち向かうのは、のんちゃん。はたしてどんな化学反応が起きるのか…昭和歌謡がド・ストライクの世代はもちろん、全く知らない世代まで楽しめる作品になること間違いなし!」と期待を寄せている。あらすじ「山田修とハローナイツ」は、大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹(ラサール石井)と込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾(大平サブロー)をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫(でんでん)は、ハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋を女房にまかせてメンバーになった。そんなメンバーで十数年やって来たが、これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城(戸田恵子)らと地方を回りながら、何とか細々と活動を続けている。そんなある日、山田修の生まれ故郷・東北の田舎町に青年団の誘いに乗って、山田修とハローナイツがやって来る。そこには修と遺恨を残す弟・英二(菅原大吉)が待っていた。英二の息子の幼なじみの愛(のん)は、スナックを経営する母を手伝いながら、歌手になることを夢見る田舎娘。「ハローナイツに入れて欲しい」と直訴してきた愛に酔っ払った市村が適当な返事をしたことから、その気になった愛が駆けつけ、小学校の体育館に作られたステージ会場は大騒動に発展する…。映画『星屑の町』は2020年、公開予定。