岡田准一主演映画『関ヶ原』大迫力合戦シーンが地上波初放送

https://www.youtube.com/watch?v=VoVoCf_Ew1Q
#岡田准一主演映画『関ヶ原』大迫力合戦シーンが地上波初放送
拡大写真 岡田准一主演、映画『関ヶ原』6月2日、テレビ朝日系で地上波初放送  テレビ朝日系で22日より放送される5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』(~26日 後9:00)に主演する岡田准一が「純粋すぎる武将」石田三成を演じた映画『関ヶ原』(2017年8月公開)が同局系で6月2日(後9:00~11:33)に地上初放送されることになった。【場面写真】映画『関ヶ原』役所広司の徳川家康も話題に 司馬遼太郎原作の同名歴史小説を、『日本のいちばん長い日』などで知られる原田眞人監督が完全映画化。岡田が新たな石田三成を演じ、役所広司が堂々たる徳川家康を創造し、大いに話題となった空前のスペクタクル巨編。濃密な人間ドラマに加え、京都・東本願寺、姫路城など各地の名だたる国宝級・歴史的建造物でロケを敢行、エキストラ総勢3000人規模、のべ400頭にも及ぶ騎馬や鉄砲隊が入り乱れる大迫力合戦シーンで観る者を圧倒した作品だ。 戦国史上最大の合戦と言われる「関ヶ原の戦い」だが、これまで映画、ドラマで幾度となく取り上げられてきたものの、真正面から戦い自体を描いた作品は、実はなかった。原作小説は1974年に発売、上・中・下巻の大作だが、もともと司馬作品が好きだったという原田監督は中学時代に原作を読破。その面白さに引き込まれ「この小説の映画を観てみたい」「いつか自分でその映画を作ってみたい」と思ったという。
https://www.youtube.com/channel/UC1NTVTsNbOJPISnA__0yLCA?sub_confirmation=1