窪田正孝、初めてのカンヌ映画祭に「感無量」 『初恋』キャスト発表

https://www.youtube.com/watch?v=VoVoCf_Ew1Q
#窪田正孝、初めてのカンヌ映画祭に「感無量」 『初恋』キャスト発表
拡大写真 『第72回カンヌ国際映画祭2019』[監督週間]選出作品、映画『初恋』(左から)三池崇史監督、主演の窪田正孝、小西桜子(C) Kazuko Wakayama  俳優の窪田正孝が日本時間15日(後8:00~8:30※現地時間=同日後1:00~1:30)、仏カンヌで開催中の『第72回カンヌ国際映画祭2019』監督週間選出作品『初恋』の記者会見に出席。カンヌ映画祭初参加の窪田は「カンヌという聖地に連れてきてもらい感無量です」と晴れの舞台を噛みしめるように話した。このタイミングで同作のキャスト、初ビジュアルとなる特写、特報映像も発表された。【動画】映画『初恋』【超】特報映像 カンヌには、窪田のほか、三池崇史監督、オーディションで3000人の中から、物語の重要な役どころ、モニカ(桜井ユリ)を射止めたシンデレラガール・小西桜子、登紀伊宗之氏(企画プロデューサー)、坂美佐子氏(プロデューサー)、ジェレミー・トーマス氏(プロデューサー)らが赴いた。 朝の雨がうそのように晴れ、爽やかな午後の日差しを浴びながらフォトセッションなどにも応じた窪田。「カンヌは空気が違って、映画ファンも世界各国のメディアもたくさんいて…とても気分がいいです! テンション上がってます!」と笑顔がこぼれた。
https://www.youtube.com/channel/UC1NTVTsNbOJPISnA__0yLCA?sub_confirmation=1