横浜流星、「愛唄」共演の清原果耶に衝撃 「ド肝を抜かれた」 映画「愛唄 -約束のナクヒト-」トークイベント

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の横浜流星さんが7月6日、東京都内で行われた主演映画「愛唄 -約束のナクヒト-」(川村泰祐監督)のブルーレイディスク(BD)&DVD発売記念のトークイベントに登場。主人公のトオル役を演じた横浜さんは、ヒロインの伊藤凪役で出演した女優の清原果耶さんについて「マジですげーなと思った」と共演の感想を語った。

 ある泣くシーンで、思うように泣けなかったという横浜さんは「すごく大事なシーンだったので気持ちを作っていったんですけど、気持ちが追いつかなくて。自分の力不足を思い知らされ……。半面、果耶ちゃんの集中力と演技力にド肝を抜かれた」と振り返り、「彼女は感受性が豊かだし。17歳ですからね。相当すごい人だなって思った。2人のシーンが多いんで、すごく衝撃を受けた女優さんでした」と印象を明かした。

 また、龍也役で共演した飯島寛騎さんの印象について「彼の吸収力と素直さにすごく刺激をもらった」と明かし、「あと、人柄。すごく明るくて。一見、すごくいけ好かない野郎だなと一瞬思うんだけど……すごくかっこつけているんですよ。でも、それがすごく可愛くて。そのキャラクターで現場を盛り上げてくれた。すごくありがたい存在でしたね」と親しみを込めて語っていた。

 映画は、2017年に公開された「キセキ -あの日のソビト-」(兼重淳監督)に続く、「GReeeeN映画プロジェクト」の第2弾として今年1月に公開。恋する勇気を持てず大人になったトオル(横浜さん)は、龍也(飯島さん)と再会して、運命を変える「詩」と出合う……というストーリー。脚本家の清水匡さんと共に「GReeeeN」も脚本を担当した。

 映画のBD、DVDはメーキングや舞台あいさつの映像、予告集などの特典映像も収録。初回限定特典でアウタースリーブケースやポストカード4枚セットが付く。発売中で、価格はBDが5800円(税抜き)、DVDが4800円(同)。

####
#横浜流星 #清原果耶